だしへの愛情

だし拉麺きんざんを運営する静岡屋は創業七十年のだし専門店。

創業者のだしへの愛情は三代目金山明弘にも受け継がれ、
「もっと多くの人へだしの良さを伝えたい」と新商品の開発、
海外での販売、新しい設備の投入を進めていきました。

そしてそれをさらにダイレクトにお客様に伝えるため、
一念発起し拉麺店をオープンすることになりました。

だしのプロが追求した唯一無二、珠玉の拉麺を一度ご賞味ください。

かつおだしへのこだわり

古くより日本人のDNAに刻み込まれているかつお節。

創業当時から仕入れにこだわってきたかつお節を
拉麺でもふんだんに使用しております。
かつお節のうまみ成分は拉麺との相性が抜群です。

かつお節がもつ豊かな風味と、まろやかな口あたりを
とことん活かし、決して他では味わえない拉麺に仕上げました。

にぼしだしへのこだわり

青森県の家庭では古くからにぼしだしが使われてきました。
無論、きんざんでもにぼしへのこだわりは強く、
北は青森から南は長崎まで全国の生産地から
一品一品目利きをして取り寄せています。
その厳選したにぼしを特有のえぐみを抑える製法で
すっきりとした味わいに仕上げました。

こんぶだしへのこだわり

昆布は本来、
かつお節やにぼしのうまみの引き立て役として使用されます。

煮過ぎたり分量を間違うと粘りが強く出てしまい、
主役にするのは難しいとされています。
それ故に昆布だしの拉麺は珍しく、
だし昆布をふんだんに使えるのはだし専門店だからこそ。

やみつきになる美味しさと、
身体にも優しい海のミネラルが詰まった拉麺に仕上げました。

PAGE TOP